校長先生より

校長だより

                                                                                       

                                                                                                        Beach 009 - コピー

2015皐月

皆さんは、日々過ごしている時に、『あ~時間の無駄だった』 と思う事がありますか。 どういう時に、そう思いますか。 眠っていた時間? ぼーっとしていた時間? 例えば、済ませなければならない、宿題、課題、仕事などがあるのが分かっていても、つい(マンガ)本を読んでしまったり、テレビやインターネットを見続けてしまったり。 確かに、そういう時間も、状況によっては『無駄』 と思う人もいるでしょう。  

私は、子供の頃から、何をするにも能率が悪く、『手が遅い』『のろまだ』 と両親にも先生にも言われ続けてきました。 5年生の時の担任には『のろまのノリコさん』とクラスで呼ばれていました。その頃の私は(本質がそうなのでしょうけれど)、ポワポワンとしていて、そう呼ばれても、「はい」と返事をしていました。尤も親もそう思っていたのでしょうから事実仕方なかったのですが。良く言えば何事も丁寧、しかし時間がかかり過ぎる、と成績表(昔の通知表)に書かれない年はないほど、宿題は夜遅くまでかかる、図画は(大すきな科目でしたが)授業時間内に終わらず、制作途中で構図や色は褒められても、でき上がらなければ成績は悪く、実に要領の悪い子どもでした。その時の経験からか、感性を問われる芸術的な科目は、教師の一存で成績をつけるべきではない、と、子供心に思ったものです。 

5年生の半ばには、余りにノロイノロイと、朝の支度に始まって、毎日のように言われ続け、どうしたらノロいのが治るかと、泣きながら日記に書いたのを覚えています。 まるでドラえもんの世界の話のようですが、こんな想像をしたことがあります。 眠らなくてもいい体があればなあ。 そうしたら、寝ている時間を使って、もっと色々なことができて、仕事も人より早く終わるのに。食べなくてもいい体があればなあ。 そうすれば食べるのがのろいと言われなくても済むのに。 今でも、何を食べるか考えている時間、料理をする、食べる、片づける時間、その時間が他のことに使えれば、もっとたくさんのことができそう、とたまに思います。 これでは人間でなく、ロボットのようですが、でもそうなったら、仕事が片付いて、時間のある分他の事ができて便利ですよねえ。 のろまのノリコの夢想です。 

社会に出た時に、のろまの性格の自衛の為、手はのろくても、足は速かったので、作業から作業に移る時、走るようにしました。今思うとおかしいのですが、会社の中でフロアを走っていました。 何かの締切がある時は、自分で1週間前に締切りを定め、1週間前には全てを終わらせ、余裕を持って提出できるようにしました。締め切りの時間その物に1週間も余裕のない時は、三日前、二日前でもいいから、当日に余裕ができるように、前々日までには徹夜をしても仕上げるように、自分に課しています。何といっても、準備が終わっていなければ、他に迷惑、の前に、自分自身が窮地に立たされますからね。 

とはいえ、眠ったり食べたりしている時間は、無駄ではありませんね。人間にとって体を作るだけでなく精神的にも、ゆっくり休んだり、美味しい物を楽しい会話と一緒に食べたりすることは、無駄ではなく必要な事です。例えぼーっとしていても、気分を休めたりするのに、これもまた、時には必要な時間であって、無駄だと言いきれないでしょう。 ではどういう事が無駄か。そしてそれを省くべきか。

私の思う三大無駄な時間とは、これまでの経験上、この三つではないかと思います。 「怒っている時間」「怒られている時間」「物を探している時間」 

よく、「怒る」と「叱る」は違う、と言いますが、まあ一般的に申しまして、自分にであれ他の人間や事象に対してであれ、腹立たしい気持ちを持つこととでも言いましょうか。これも、前向きに考えれば、今は腹が立っている、けれども、次に同じことで腹が立たないよう、考え、対処し、そのための経験と思えば、1度や2度は、無駄とも言えません。 考えるための機会を持てた、ととらえれば、それすらも有意義な時間になりえます。 しかし、腹の立つ時間はなければない方がいいに決まっています。 

子供に対して叱ったり怒ったりすると、後で気分が悪いのではありませんか。子供が嫌いではないのに、腹を立てたことが、一種の自己嫌悪にもなり兼ねません。しかし必要な叱責は必要です。子供の側からすれば、叱られる原因があるのですから、それは致し方ない。すべき事をする、してはいけない事をしない、というルールを破らなければ、叱られる時間はなく、気分良くその時間が有効に過ごせるというものです。 

叱られたり、怒られたり、注意されたりしたら、次は同じことで怒られないように。 何度も同じことで怒ったり怒られたりは、時間の無駄です。時間だけでなく、精神の無駄遣いにもなります。気持ちがささくれ立つようですからね。  

何といっても探し物をしている時間は、無駄でしょう。この探し物とは、もちろん探索や研究での探し物でなく、ここに置いたはずなのにーとか、あるはずの物がなくなったーとかいう、置場所をきちんと決めてない、あった所に戻さない、使いっ放し、出しっ放し、整理整頓ができてなかった事が原因の探し物です。 

身の回りの整理整頓は、つい物の多くなる生活で、中々難しいとは思いますが(整理整頓のお上手な方には失礼な話ですが、子供の自立のためにも) 使った物は元に戻す、物の仲間わけをして、使い易い位置にしまう、など、お子さんと一緒に工夫してみては如何でしょうか。自戒を大いに含めて、無駄な時間は省き、余裕ができた分、ゆったりした気分で過ごしたいものです。

校長から 4月号

校長から 2015年 4月 キャメロン紀子 記

ご入学、ご進学おめでとうございます。ユウコノ桜

4月25日に、新小学1年生35名、新中学1年生、3名の入学式、そして在校生の始業式が行われました。

朝早くに集まった1年生の中には、「きんちょうする~」 という声も聞かれましたが、式の間はお行儀良く、名前を呼ばれた時は、元気に「はい」と答え、きちんと立っていられました。 在校生の皆さんも、先生方の誘導に従い、静かにきちんと整列し、手狭ではありますが、外国の地であっても、日本人らしい入学式となりました。

本年度も教師一同、誠意を尽くし、厳しい中にも、楽しい授業を続けて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ここで、毎年度恒例の、クラス目標をお知らせします。各クラスの意気込みが感じられて、大変結構ですね。 目標は、壁に掲げるだけでなく、それに向かって、日々の行動をし、目標を見て反省し、反省を生かし、更に向かっていく、というように、常に意識して欲しいと思います。

 1年1組 平島真由美先生

元気にあいさつ

なんでもチャレンジ

1年2組 キャメロン紀子

正しい姿勢

正しい文字

正しい言葉

2年1組 長谷川るり子先生  2組 永易暢子先生

教室では美しい日本語を話しましょう

日本語の本をたくさん読みましょう

姿勢よく座りましょう

3年生 ウォリス依子先生

得意を伸ばし自信をつける

4年生 鳥山夏子先生

切り替え! 集中! 一生けん命!

5年生 江藤彩先生

(生徒たちからの自主的な目標です)

イエローカードを出されないようにがんばる

6年生 ハセット聖子先生

「五つの誓いを守ろう」

口は、人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう

耳は、人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう

目は、人の良い所を見るために使おう

手足は、人を助けるために使おう

心は、人の痛みが分かるために使おう

中学1年生 倉持一巳先生

最後まで、頑張れる力をつけよう

中学2年生 中島信也先生 3年生 平瀬健一先生

上級生としての自覚を持つ  ~まずは挨拶から~

 

どの目標も、どのクラスにも当てはめて言えることですね。 全て良い事ばかり、全ていつも守って欲しい事ばかりです。 自分のクラスの目標は勿論ですが、他のクラスの目標も読んで、是非、自分を省みて下さい。

最後になりましたが、先月28日の卒業式には、卒業生の皆さんが立派な態度で賞状を受け取ることができて感動いたしました。 また、卒業式入学式とも、保護者役員の皆様には、大変なお役目を遂行して下さり、お陰様でどちらの式も無事終了することができました。 感謝致しております。

今後とも、全校保護者の皆様には、お世話になりますこと、改めまして どうぞよろしくお願い申し上げます。

2015年 3月 校長便り

10年以上毎月書いてきたこのコラムの中で多かったテーマは、行事の報告を除けば、まず、皆さんへの激励、称賛、そして人との関わり合い、具体的にはお友達とどういう風に接していけばよいのか、であったかと、今思い返しています。

補習校生徒の皆さんは、素晴らしいバイリンガル。 中には3か国語以上身に着けている生徒もいると聞いています。 そこで皆さんにちょっと考えて欲しいのは、人間にはなぜ言葉(話す、書く、読む) があるのか、または、言葉をどう使うことが、私たちにとって必要であり、利益になるのか、ということです。  

人間はお互いの意思疎通を図るときには、主に、言葉を使います。 もちろん言葉以外でも、「目は口程に物を言う」 という言われ方もしますし、表情や態度でも、言葉はなくとも、ため息だけでも、相手の反応や感情は推し測られます。 が、今回のお話は、話す、聞く、書く、読む中心の「言葉」で進めていきます。 

言葉を使う時に、ふたグループに分けるとすると、話す側と書く側は、一方のグループ。 聞く側と読む側が、他方のグループに分かれると思います。 話す・書く側の言いたいことと、聞く・読む側の受け取り方は、いつも同じとは言えません。 それだからこそ、日常ではお互いにやり取りが必要にもなってくるのですが。 

お勉強の上では、作文を例に考えてみましょう。 作文を書きます。 書きたいことは、自分ではわかっています。 ですから自分の頭の中では、誰が言ったりやったりした事なのか既に知っているので、主語が抜けることが起こりがちです。 また書きたいことが多いと、次々起こった出来事を、「誰が」に関係なくつなげていく、長い文になってしまう事もあります。

ですから、作文や、先生が読むための日記は、読む人にわかるように書くことが、良い書き方となります。 国語の勉強で1年生の時から指導される、「いつ・どこで・だれが・何をしたか」 これが文を書く基本です。 起こったことに対して、自分がどう思ったか、そこでどういう会話がされたか、を書き足していくと、読む側も、興味を持てて、おもしろく読んでいけます。 読む側になったつもりで、推敲することが大切です。

この推敲のテクニックを応用して、テストの後、先生になったつもりで見直すと、ケアレスミスに気付くという良いことにもつながります。

目的や文の長さ、相手によっても違いますが、毎月のこのコラムを書いている私は、書いた後、多分十回以上は、読み直して、直して、直した後また読み直してを、毎月しています。 コンピューターを、ワープロ代わりに使っているのですが、鉛筆で書いたり消しゴムで消したりしなくていいので、本当に便利になって、助かります。 まだ鉛筆で書いている皆さんにはちょっとズルしているようですみませんが。 私は、これまで何十年も、鉛筆と消しゴムで奮闘してきましたから、そこは大目に見ていただくとして。

言葉とは、褒めたり、励ましたり、楽しかったこと、面白かったことを報告できる、聞く側、読む側が、いい気分になれる使い方ができる、人間にとってはなくてはならないものです。 でも、ケンカをするのにも言葉を使いますね。 人を傷つけるのに、ゲンコツやキックで痛い目に合わせるのでなく、言葉でも傷つけることができるのは、皆さんも知っているでしょう。

お友達と意見が合わない時、腹が立ったり、悔しかったりで人が傷つくかもしれない言葉を使った時は、その時は気持ちがいいでしょうか。 腹立ち紛れで使った言葉を、相手は理解してくれますか。 意見の違いが、強い言葉、相手を傷つける言葉で解決できると思いますか。 自分が聞く側、読む側になった時、その言葉を自分に使われたらどうでしょう。  

意見の合わない時、相手をやっつけるために使った言葉は、自分に返ってきたら、自分ではきっと傷つくし、我慢できないでしょうね。 それならそういう言葉は使うべきではありません。 言葉も含め、身の回りには、使い様によって、危険な物がたくさんあります。 

教養のある人は、その使い方をよく考え、お互いの気持ちの良い方向に役立てられます。 (これも今まで何回か書いてきましたが、教育と、教養は違います。 今回はこの件が話題ではないので省きますが。) 「原子力の」 といえば、「平和利用」 という言葉が、すぐ続くくらい、両極端の「人間の発明」もあるくらいですから。

さて、卒業生の皆さん、長い人は、六年間、九年間、補習校で日本の言葉を学んできました。 日常では英語を話す世界の中で、自ら選んで日本語も何年も勉強してきました。 英語でも日本語でも、これから利用するのは、あなた自身です。 将来の仕事に役立てるも良し、日本の親せきや友人たちと交流を持つときに使うのも良し、更なる学習・研究に励むのも良し、是非、平和に通ずる利用法で、使い続けていってください。

ご卒業おめでとうございます。 今後のご活躍を、補習校教師一同、期待しております。

2015年2月 校長先生から

1月31日から、4学期が始まりました。 4学期は9回の授業数です。 学力テスト(学年末テスト)の日があり、最終の3月28日は、参観日や、懇談会、終業式、卒業証書授与式となりますので、教科書に触れている時間が、通常の9回の授業より短くなります。

 
さて毎年書いていますが、「テスト」とは、やって終わりではありません。 補習校の学年末テストは、これまで習ってきたことをどれだけ把握しているかと、自分もお家の人も、先生も確認するためのものです。 
 
① テストの前に、復習をしっかりしてください 
  復習の仕方は、先生から指導されています 
② テスト中は途中であきらめず、集中して取り組みましょう
③ 回答が終わったら、必ず見直しをして、ケアレスミスを防ぎます 
④ もしわからない問題があったら、一旦抜かして、まず、わかる問題から解いていきましょう 
⑤ わからない問題は、他の問題を解き終わった後、時間を使ってゆっくり考えなおします
⑥ 最初に名前を書くべきですが、名前の確認。 また、先生が読める字で書いてありますか?
 
通常、名前がないと、0点です。 補習校ではなるべくそういうことはしませんが。 しかし、読めない字は、いくら書いた側があとで、『それは6だ』 と主張しても、乱雑に書いてあって 『0』 や 『4』に見えれば、評価は 『X』 になります。  字は記号です。 記号の意味が伝わらなければ、役に立ちません。 下手でも丁寧に、読める数字、文字を書きましょう。
 
また、答えがわからない時に、友達のを見て書くのは、テスト中の正しい答え方ではありません。 授業中であれば、友達の意見を聞いて、参考にしたり、自分の意見を直したりすることもあります。 人の話や答えをよく聞くことは大切なことです。 でも、テスト中は自分の力で考える時間です。 友達の答えのまねをすることは、自分の力ではないので、まちがったことです。 
 
毎週の、あかねこの漢字テストでも、隣りの友達のを見たり、答えを書いた紙を用意してテスト中に写したり、膝の上にあかねこを広げてみながら書いたりしている人が、何クラスかで見られるという報告を聞いています。
 
テストは、なぜやるのか、なぜ答えを写してはいけないのか、という理由を人に聞くのではなく、自分で考えてください。 何が正しい行動なんでしょうか。 答えを見ながら写している人は、こそこそ隠れてやっていますね。 なぜ隠すのでしょうか。 また、先生に、『他の人の答えを見て書いてはいけません』 と注意されると 『見てません』 とか、『写してません』 とか 本当のことと違う返事をします。 それはなぜでしょうか。 
 
隠すのは、知られると自分が恥ずかしいからではないですか。 隠すのは、自分が正当なことをしていない、と分かっているからですね。 テストも勉強も、先生のために、お母さんのためにしている事ではありません。 自分の良心に自分で聞いて、正しい行動をお願いします。
 
さて、テストが終わって、用紙が戻ってきたら、何点取れたかドキドキですね。
 
① 間違っていたところはどこか、問題から読み直しましょう
② その問題をやり直して、理解して、〇にします
   やり直す時は、X の答えを消さないように 
   やり直しの答えは、色の違うペンを使って目立つように書くといいでしょう
③ 全部わかって、自分で100点にしましょう
④ 先生から再提出と言われたら、正しく直したものを提出
 
わからなかった問題を、あとで考えてもわからない時は、おうちの人に聞くか、翌週に先生に質問してください。 
 
間違った答えを消さない理由は、どこを間違えたのか、きちんと把握するためです。 また、間違いを消して、同じ鉛筆で答えを書くと、Xの下に正しい回答が書かれていることになってしまいます。 それは紛らわしいですし、あとで見て 『あれ? ここあってるのに、先生がXをつけている』 という誤解を防ぐためでもあります。
 
テストは、あまり好きな人はいないでしょう。 でも復習と、そして進級のための大切な過程です。 これまで習ったことを身に着け、次の学年に進む前に、しっかりした土台を固めれば、さらに高度な内容に挑戦していけます。
 
一歩ずつでも半歩でも、時々休んでも、常に、前進! 前進!